格安航空券で海外旅行をするのって不安。海外の航空会社事情など。

みなさんこんにちは。こうきです。

格安航空券で海外旅行をするあなたに。

格安航空券を買ったはいいけど日本以外の航空会社って本当に大丈夫かな飛行機の乗り継ぎがあるけどうまくできるかな。などさまざまな不安があると思います。

僕もそうでした。特に初めての方はとても怖いですよね。

今回は海外旅行に行く際に格安航空券を買い、飛行機の乗り継ぎをしないといけないのが不安な方に僕が体験したことをお話したいと思います。

広告

海外の航空会社って本当に大丈夫なの?

はい。結論ぜんぜん大丈夫です。

僕はアメリカロサンゼルスに旅行に行ったのですが、中国を経由して乗り継ぎ便で行きました。なので中国国際空港という航空会社を使ったのですが、思った以上に機内もきれいで機内食もしっかり出てきたしCAの方も僕のカタコトの英語を聞こうと必死になってくれていました。

日本のサービスは過剰なくらいにできすぎていますが正直中国の飛行機に乗っても不満な点は特にありませんでした。

なので日本の航空会社にこだわる必要は特に無いですよ。

乗り継ぎは怖い?

結論から言うと乗り継ぎをするのは簡単です。

きっとこの記事を読みに来ていただいてる方は海外旅行での乗り継ぎをしたことが一度もなく本当にトラブルなしで行けるのか不安な方だと思います。

僕はアメリカロサンゼルスに旅行に行った時に乗り継ぎで中国を経由したのですが、乗り継ぎ便のある海外旅行は初めてで一緒に行った友達は海外旅行すらしたことがなかったのですごく不安でした。

ここからは体験談なのですが、

中国の空港に行くと僕たちは同じ中国内でも会社の違う航空会社の飛行機に乗らないといけなかったため、通常は乗り継ぎのゲートへ向かえばいいのですが一度空港を出なければなりませんでした。

僕が聞いていた乗り継ぎとは全然違うことに余計にあせりましたがつたない英語を熱心に聞いてくれる空港の職員さんが助けてくれたので僕たちは迷うことなく目的のターミナルへいくことができました。

本当に困っておろおろしていると周りの人が助けてくれます。安心してください。

時間厳守。出発時間には余裕をもつこと

乗り継ぎをする際にこれだけは気を付けておきたいこと。それ時間です。

乗り継ぎをするということは次の飛行機の時間も気にしてないといけません。

直行便の場合は一本で現地に着きますので日本を出発する時間さえ気を付けておけばいいのですが乗り継ぎの場合はそういうわけにもいきません。

特に気を付けておきたいのが時差。僕の場合は日本と中国で1時間の時差がありましたので時差分の時間も計算して動かなければいけなかったためかなり神経を使いました。

スマホの時間表示や腕時計などは自動で時間を調整してくれないので乗り継ぎの国に入国した時点で時間の設定をしなおしましょう。

もし乗り遅れてしまうと大変なことになります。時間だけはシビアに行動するといいですね

乗り継ぎの待ち時間(トランジット)

格安航空券で探す場合に見てほしいポイントが乗り換えの待ち時間のことです。待ち時間が短すぎるとかつかつな動きになってしまい、初めての乗り継ぎの方は動揺して次の飛行機に間に合わない可能性があります。

逆に長すぎても時間を持て余してしまい、空港で荷物を抱えたまま退屈な思いをしてしまいます。

僕は4時間30分の待ち時間だったのですが初めての乗り継ぎだったのでちょうどよかったです。長期連休などは空港内が込み合っているため入国検査や荷物検査などに予想外に時間がかかってしまう場合があります。少し余裕を持った待ち時間があると精神的に安心できるかなと思います。

世間が普通の休みの場合や海外旅行が2回目以降で乗り継ぎに慣れている方は4時間半だと長すぎると思うので2~3時間ほどの待ち時間で航空券を探すといいですね。

まとめ

いかがでしたか?今回は乗り継ぎの不安な方へ向けた記事を執筆しました。

 

格安航空券だからって侮ることなかれです。もちろん高い航空券のほうがサービスもしっかりしているし直行便だったりとメリットは多いです。

ですが格安航空券にする事で海外へ行ったときに使えるお金が増えるって思ったらどうですか?僕は多少の手間をかけてでも海外で使えるお金が多いほうが楽しいと思います。

この記事があなたの海外旅行の役にたっていただけたらうれしいです。

楽しい旅行になるといいですね。

 

最新情報をチェックしよう!
広告