アメリカと日本の交通ルールの違いにびっくり!注意したいこととは?

みなさんこんにちは。こうきです。

みなさんはアメリカと日本の交通ルールの違いを知っていますか?

僕はアメリカロサンゼルスの旅行をしたのですが、アメリカの交通ルールが日本とは違うことをあまり知らないままアメリカの道路に出てしまったので危険な思いを何度かしました。

もしアメリカに旅行を予定していて車を借りて移動を考えている方がいましたらこの記事を読んでもらってしっかりと頭に入れてから楽しい旅行をして欲しいと思います。

事故は起きてからでは遅いですし、せっかくの海外旅行を台無しにして欲しくないので一読をお願いします。

広告

アメリカと日本の交通ルールの違い

ロサンゼルス国際空港の近くにあるレンタカー会社から予約していたホテルへ向かうときの話ですが、日本とアメリカでは交通ルールがまったく異なり運転がとても怖かったです。

走っているうちにだんだんと慣れていきましたがもし交通ルールの違いを知らなかったら事故を起こしかねないことばかりで事前にもっと交通ルールについて勉強してからじゃないと海外の道路にでるのは危険だと思いました。

今回はそのアメリカと日本の交通ルールの違いで特に知っておいたほうがいいことをピックアップして紹介したいと思います。

カープールレーン制度

アメリカの道路にはカープールレーンという道路があり、これもまた複雑なルールです。

カープールレーンとはアメリカの高速道路(フリーウエイ)には、カープールレーンという通常車線とは分けられた特別な車線があります。(州によって多少制度が異なる場合があります)

一台の車両に2人以上乗っている場合に通ることができて、渋滞を緩和させる為に作られました。

https://221616.com/kaigai/usa/blog/?p=420より一部引用

通勤も通学も車移動で、一人一台は車が必要な地域が多くありますので、相乗りで行く場合は優遇されますよという感じの制度です。このカープールレーンを知っておかないともし一人の場合高額な罰金を支払わないといけないので気をつけておくといいですね。

ハンドル、ウインカー、車線、全てが日本とは反対

アメリカと日本では基本的に全てが反対です。

日本でもよく外車が走っていますが、ハンドルが左についているのは何となくご存じですよね?

ですがウインカーを出すレバーも日本車とは反対なことは意外と知られてなく

方向指示をだそうとするとワイパーが動いてしまい方向指示が出ず最初は焦りました。

知っていればなんてことは無いのですが僕みたいに知らない人がいましたら気をつけてください。

赤信号でも進んでいい場合がある

信号が赤でも車が来ていなければ右折のみしてもいい

アメリカロサンゼルスでは行けるときには赤信号でも車や歩行者がいない場合

右折のみ注意して進むことができます。

必ず一時停止をし、歩行者や車が来ていないことを確認してからじゃないと進んではいけないみたいです。

確かに赤信号でも安全が確保されていれば右折ならしてもいいというのは合理的ですよね。

日本でも実装されて欲しいものです。

「NO TURN ON RED」の標識がある場合は赤信号での右折は禁止されているので注意しましょう。

日本の道路の感覚で走ってしまうため慣れないうちは車線の外側に寄ってしまう

右ハンドル左車線走行に慣れてしまっている僕たち日本人がいきなり右車線左ハンドルの道路で運転をすると

感覚の違いからか車線の外側に無意識に寄ってしまいます

これは慣れるまで気をつけるしかありませんが

知らず知らずのうちに外側に寄りすぎて縁石に車をぶつけてしまうこともありますので十分に注意してください

レンタカーをぶつけて無駄な修理代が発生しないようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回はアメリカと日本の交通ルールの違いについてまとめました。

日本で普段運転していれば海外で運転したところでそんなに変わりは無いだろうとたいして下調べもせずに行った僕が間違っていました。

実際に運転してみると分かることなのですが想像以上に神経を使いました。

せっかくのアメリカ旅行ならできるだけ無駄な疲れは避けたいと思うので事前に交通ルールは勉強しておくようにしましょう。

おわり

 

最新情報をチェックしよう!
広告