【体験記】ラスベガスで車中泊。金持ちの街で貧乏の極みをしてきた。

(※この記事は2020年12月8日に再更新しました。)

みなさんこんにちは。光り輝くと書いてこうきと読む。どうも、koki@KoKiblog_)です。

今回の記事は僕が金持ちが集まる街、ラスベガスでホテルに泊まらず車中泊をした時の話をしたいと思います。(2018年のお話です。)

まじで誰得!?って考えた結果、この記事を書こうかかなり悩みましたが

  • ラスベガスにはいきたいけどホテルが高そう
  • せっかく海外で大きい車借りたんだから車で寝るのもありかも
  • ホテル代はまじで無駄。浮かせたい

こんな人がもしいれば、その人たちには読む価値のある記事になると思い書くことにしました。

ただこれは、ラスベガスに車で行こうと思っている人のみ通用する話なので、

普通にツアーとか旅行とかで行こうと思ってる人には1ミリも参考にならないけどご容赦ください。

経験談として読む分にはきっと面白いから!

まあ、そもそもラスベガスに行こうってなるのはある程度お金がある人なんだろうけどね。

ホテル代ケチろう。なんて思わないと思うんだけどね

でもラスベガスのホテル代が浮けばその旅行では使えるお金が増えるよね?

そう考えるとありだよね。いやなし?

それは今から読んでから決めればいいさ。

さ、レッツスクローーール!!!

そもそもなぜラスベガスで車中泊をしようと思ったのか

この記事を書くにあたり、まずここの部分を語らないといけないなと思ったのでお話しさせていただきますね。

なぜラスベガスでの車中泊をしようと思ったのか。それは

貧乏旅行だったから!!

そうなんです。お金大してない持ってないくせにラスベガスはおろか、ロサンゼルスもアリゾナもいっぺんに行っちゃってますからね。この筆者は笑

しかも4泊7日で。。

レンタカーで移動していたんですけど、4泊で車を返却するときには3000km弱走ってましたから。

レンタカー屋さんも流石にドン引きよね。どこに行ったのか詳しく話したら

レンタカー屋
それは最低でも1ヶ月はかかるコースだねw
そんなことを言われ、自分のタフさに驚いた次第であります。

その旅行の過程についてはまた別の記事で書こうと思ってるんで、しばしお待ちを〜

出来上がったらリンクにつけておきます。


そう。いっぺんにこれだけの州や観光場所を回ろうと思ったらもちろんお金のない僕は

費用を削るしかなかったんですよ。宿泊費に食費にその他もろもろ。

で、その削った諸経費の中の一つがホテル代。

ラスベガスでは約1.5日滞在する予定だったので、宿を確保しておかなければいけませんでしたが

ラスベガスは『眠らない街』って代名詞を持ってるくらいだから

『眠らない僕』を作り上げればラスベガスで宿泊する必要なくなるじゃん!

ってなぜかなってしまったんですよね。

www

無謀すぎた。

はい。話が脱線しました。

そんな感じで、ラスベガスにいるけど泊まるお金を浮かせたい!って思ったのが理由で

車中泊を決意したんですね〜。

ちなみに3000km弱走った車はこれ!

TOYOTAのLUV4だったかな。四駆でSUVで広さは申し分ありませんでした。

これだったら余裕で寝れると思ったのも、車中泊をしようと思った理由ですね〜。

これが大まかなラスベガスで車中泊をすることになった流れです。

ラスベガスのどこに泊まったのか

僕がラスベガスで泊まったのは

koki
koki
ベラージオホテル!(ベラージオの駐車場)
そう。あの噴水で有名なベラージオホテル!

(の駐車場)

そう。駐車場のくだりを隠せば普通にベラージオホテルに宿泊したことになるんですよ!笑

響きはいいでしょ?しかも宿泊代は脅威の2500円!

ラスベガスのホテルにしちゃ破格中の破格だろっ!(車の中だろ!)

ちなみに駐車場に止める前は30分1000円くらい取られんじゃないかってかなりビクビクしてましたが

意外に良心的な値段のホテルが多いみたいです。

通常、3万ほどからの宿泊代を2500円で浮かせて他のは神すぎんか。

シャワーとかどうしたの?

ラスベガスは当然のことながら海外です。

日本と違い、温泉がそこらかしこにあるわけじゃなく、

シャワーを浴びたいなら宿泊をするのが自然な流れです。

車中泊の僕にはシャワーを浴びる権利は当然、ないに等しい状況でした。

じゃあどうしたのか?とっておきの解決策を教えます

お前の出番だ!

そう。こいつを何枚も何枚も体にあてがってシャワーを浴びなかった。

うわきたなっって思ったそこのあなた。

人間1日くらいお風呂に入らなくても死なないから。

                       コキヲ。

それに僕がラスベガスにいたシーズンは真冬で汗は1滴もかいてなかったんだなあ。

だから汗拭きシートと着替えだけでまるでシャワーを浴びたかのような気分になれたのさ。

洗顔や歯磨きはどうしたの?

ラスベガスの高級ホテル。

当然日本のサービスエリアのように公衆の面前で歯磨きをしたり洗顔をしたりする人は一人も見かけませんでした。

じゃあどうしたのか。

ペットボトルに水を入れてトイレ(大)でこっそりしたよね。

さすがにこれは堂々とはできませんでした。

でもできないわけじゃないからね。要は工夫ですよ。工夫。

終わりに

今回は僕自身の体験記であるラスベガスで車中泊をしたときのお話をしました。

この記事を読んで役に立った〜って人がいるとは到底思えませんが忘備録として残しておきました

今後ラスベガスで車中泊を考えている人はぜひ、参考にしてみてください!