年末年始のラスベガスの様子。シルクドソレイユ(オー)を見た感想も!

みなさんこんにちは。こうきです。

この記事前回に続き、年末年始にラスベガスに滞在していた時の話をしたいと思います。

シルクドソレイユも見てきたのでその辺もまとめておきました。

前回の話はこちらから!!

 

僕たちは18時半から始まるベラージオホテル内のショー、シルクドソレイユの公演の予定がありプレミアムノースアウトレットからラスベガスへ戻ろうとしました。

フリーウェイ一区間で着くはずでしたが、年末のカウントダウンがあるということでラスベガスに入るための出口が州警察によってバリケードで封鎖され、交通規制がされていました。

目の前に目的地があるのに行けない。しかも渋滞もひどい。このままではシルクドソレイユの開園時間に間に合わない!!ここでグランドキャニオンのトラウマを思い出しました…本当に焦ってもどうしようもないって辛いです。

車はゆっくりと進んでいき目的地から2区間ほど離れたところでやっと出口がふさがっていないところがあり、なんとかフリーウェイを降りることができました。そのまま下道からラスベガスへ進もうともしましたが、ラスベガス周辺の駐車場が開いていないリスクやラスベガスの回りもバリケードで固められていたらと思うと怖くて進めなかったです。

なのでフリーウェイを降りてすぐの臨時駐車場に車を止めて僕らは走ることにしました。

シルクドソレイユの公演まで後40分前になり、ナビで歩いてベラージオホテルまでの時間を出してみると35分かかるとのこと。かなり時間ギリギリに到着することになってしまいました。

臨時駐車場からベラージオホテルまで全力で走りました。

走っている途中周りを見ていたのですが、年末カウントダウンのため仮装をしている人であふれていてラスベガス内はとても楽しそうな雰囲気でした。

ベラージオホテルに近づくにつれて警察の量も増え、ラスベガス内はバリケードまみれで交通規制がしっかりされていたので『やっぱり判断は正しかったんだ』って安心しました。

そして公演5分前、無事僕たちはシルクドソレイユの会場ベラージオホテルに到着しました。

何とか間に合った!!とほっとしていたつかの間、友達が

友達
パスポートを落としたかも…

と言い出し、旅行の最初から財布!携帯!パスポート!は常に確認しておけと言っていたので一番重要なものをなくしたかもしれない友達に心底あきれました。

 

パスポートを探すために来た道を戻っていたらシルクドソレイユの公演はもうあきらめないといけなくなります。

グランドキャニオンとシルクドソレイユは僕が行きたいと言ったところだったので二つも潰されるのは正直我慢できなかった。

こうき
申し訳ないけど俺はここに残って公演を見るから探してきて

と言いました。自分でも最低だと思ったがその時は自分の事で精いっぱいでした…

なので僕は一人で公演を見ることになりました。ホテル内に入り受付であらかじめ印刷しておいたQRコードを見せると身分証などは必要なくシルクドソレイユの会場へ案内してくれました。

 

シルクドソレイユには様々な種類の公演があります。詳しくはこちらのラスベガスに行ったら見なきゃ損!シルク・ドゥ・ソレイユでおすすめの演目は?記事を読んでみてください。

僕が見たのはその中のO(オー)という公演でステージが巨大なプールに変わり空中×水中のアクロバティックなパフォーマンスを繰り広げてくれます。

様々な種類の公演の中でも圧倒的人気なのがこのO(オー)みたいなので迷った方はぜひOを見てほしいと思います。

後悔は絶対にしないです!!

約1時間半の公演が終わり劇場の外に出ると、パスポートをなくしたといって走り去った友達が待っていました。

パスポートは車の中にあったらしく、車を出るときに入れたカバンを間違えたみたいでした。

なにはともあれ僕は彼を抱きしました。本当に心の底からあってよかったと思いました。

これがアメリカの旅行史上、最大の事件でした。

皆さんも海外に旅行行かれるときは財布、携帯、パスポートは絶対に肌身離さずに持ち、絶対になくさないようにしましょう!!

最新情報をチェックしよう!
広告