【2021年版】筋トレを全力サポートする便利なアイテム5選。

(この記事は2021/01/25に再更新しました)

本記事では

筋トレのサポートアイテムってないのかな

こんな悩みを持つ人へ向けて記事を書いていきます。

みなさんこんにちは。koki(@KoKiblog_)です。
(画像は本人です)

筋トレ歴5年。さまざまなアイテムを活用してきました。

結論から言うと、サポートアイテムは絶対に持ってた方がいいです。

肘や膝、腹圧をサポートすることで、いつも以上に筋肉に負荷を乗せることができます。

でもお高いんでしょ?
決して安い値段ではないですが、最低でも3年は持ちます。
365日×3年=1095日
これをアイテムの値段で割ってみてください。
一日あたりの値段はとても安いです。
僕はアイテムを使って4年になりますが、壊れたのは1つだけです。(3年は使った)
今回の記事では、筋トレサポートアイテムを徹底的に紹介していくので最後まで読んでみてください。
さ、レッツスクローーール!!!
【スポンサーリンク】

ウエイトベルト

ウエイトベルトを腹部に巻くと、腹圧をしっかりとかけられるようになります。

それは体幹周りを安定させ、今まで以上にパワーを出し、重量を扱えるようになります。

さらにさらに!腹圧がかかると腹筋も同時に鍛えることができるので一石二鳥です!
(筆者はほとんど腹筋運動をしませんが、6パックです。)

本革で作られているので最初は固いですが、使っていくうちに柔らかく自分の体にフィットする感覚があるので愛着が湧くのもこのベルトの醍醐味。

長く使えること間違いなしでしょう。

おすすめはゴールドジムのウエイトベルト。

もし人と違う被らないベルトがいいという人は

下記リンクにウエイトベルトのメーカーをまとめた記事を乗せておくので読んでみてください。

意外と知られていないおすすめのウエイトベルトメーカー10選

 

パワーグリップ

主に背中の筋肉を鍛える時に使います。

以下画像は使い方の解説です。

背中のトレーニングをするときに、パワーグリップなしで行うと
手のひらが痛くなって背中の筋肉を使い切る前に握力が負けてしまいます。
そこでこのパワーグリップの出番。
握るところに巻きつけることで握力補助の役割を果たし、背中の筋肉を最大限に使うことができます。
koki
背中のトレーニングで革命が起きるでぇ。
下記リンクにおすすめのパワーグリップをまとめた記事を乗せておくので読んでみてください。

リストラップ

リストラップは、手首を保護をしてくれるサポートアイテムです。

重たい重量を扱うようになってくると手首を痛めやすいリスクがあります。

痛めないように手首をホールドし、固定してくれるのがリストラップです。

また、手首ががっちり固定されることで動作の安定性も出ます。

koki
これもつけたらプレスの動作時に革命が起きるでぇ〜。
人気なのはシークのリストラップ。

リストラップは安価なので最初に買うサポートアイテムに適任ですね☆
【スポンサーリンク】

リストストラップ

リストラップと似たような名前でリストストラップというものがあります。

リストストラップはパワーグリップのように握力や手のひらを守るためのアイテムで

手首をサポートするアイテムではないので間違えないようにしてください。

ディッピングベルト

写真の男性のように腰に重りをぶら下げてトレーニングする人をみたことはありますか?

これはディッピングベルトといい、自重トレーニングに重りを追加して負荷をあげるものです。

こんな人におすすめです。

細身で体重が軽い人

減量中の人

特に減量中は筋肉を守るためにトレーニングをしなければなりませんが

懸垂やディップスなどの自重トレーニングはどうしても体重が軽くなる分負荷が落ちがちです。

そういった時に役に立ちます。

プロテインシェイカー

 

シェイカーは筋トレ時に飲むドリンクを作るために使います。

さまざまなサイズやメーカーから販売されてますが、

個人的におすすめなのは28ozのブレンダーボトル。

約800mlの水分が入るので、多すぎず少なすぎずでちょうどいい量です。

まとめ

今回筋トレをサポートするおすすめアイテムについて解説をしました。

筋トレ頑張っているのに最大パフォーマンスが出せないのはもったいないです。

紹介したアイテムは安いものではないので躊躇されると思いますが、買ってよかったと心の底から思えますよ。

後悔は絶対にしません。

この記事を読んでいただいて少しでもあなたの筋トレライフが豊かになることを願っています。