【YouTube依存症】ついつい見過ぎてしまう方の対策方法を教えます

みなさんこんにちは。こうきです。

この記事を読んでいるあなたはYouTubeに依存しているかもしれないなんて思ったことありませんか?

近年YouTubeの市場は右肩上がりに拡大していて

現代の若者の90パーセントはYouTubeをみているとの報告があります。

最近は面白いコンテンツがたくさんでているのでついついYouTubeを見過ぎてしまいがちですが

YouTubeに依存してしまうといろんな弊害が起きます。

  • 最近世の中で起こっていることが把握できない
  • 間違った情報を鵜呑みにしてしまう

など、他にもたくさんの弊害があります。

今回はそのYouTubeを見過ぎてしまうことで起きる弊害とその対策方法についてお話しをしていきたいと思います。

広告

YouTubeに依存してしまうことで起きる弊害

YouTubeに依存してしまうと人生の中で様々な弊害が起きるようになります。

僕自身もYoutubeに人生を狂わされそうになりました。

楽しいコンテンツなのでのめりこんでしまう気持ちも分かりますが

このような娯楽のコンテンツには付き合い方があります。

うまく付き合えないとどんな弊害が起きてしまうのか掘り下げてお話ししていきます。

ニュースや事件など世の中で起きていることが分からなくなる

暇さえあればYouTubeを見るという生活をしていると

世間で起きている事件やニュースなどをほとんど見ることがなくなってしまいます。

トレンド動画などをしっかりYouTubeでも見られている方はそう問題ではないのですが

普段ニュースを見る習慣が無いのにYouTubeで好きなコンテンツばかり見ていると

世の中で何が起きているのかが分からなくなりまわりの話しについていけなくなります

 

それではどんどん視野が狭くなっていき凝り固まった世界観を生み出してしまいますので

YouTubeばかりでなくテレビでのニュースやYouTube内でも事件や世の中で起きている出来事などについて話している動画を積極的にチェックするようにするといいですね。

他にやらないといけないことが手に付かなくなる

YouTubeをみていると時間が経つのって本当に早いですよね~

僕はどちらかというと一日中動画を見ていられるタイプなのですが

そんな生活をしているとある事に気が付きました。

それは人としてだめになる。

やらないといけないことをやらずにYouTube。

食事中もYouTube。

お風呂にいるときもYouTube。

YouTubeに縛られたような生活をして大切なものを失いかけました。

YouTubeは本当に依存性が高く貴重な時間を簡単に奪っていきます。

やることを終えてから娯楽で見れている方はいいのですが

YouTubeを中心に生活が回っている方は今後要注意が必要です。

非現実的な世界が自分の中で当たり前になる。

YouTuberはいかに見てくれる人を楽しませるかを常に考えていて

その結果過激な動画や非現実的な動画を上げることも少なくありません。

そういう動画を見ているとあたかもそのような過激な動画や非現実的な動画が自分の中で当たり前になってしまいます。

一部の方はYouTuberのような行動を面白半分で実際にしてしまい

周囲の人に迷惑をかけていることもあります

実際に真似をしてみると楽しかったりすることもありますが

YouTuberの常識を自分の常識だとは思わないようにしましょう。

YouTube依存にならないようにするためには

YouTube依存にならないようにする為の対策として、他に趣味ややりたいことを見つけましょう

youtube依存になってしまう人の特徴として

  • 暇な時間が多い
  • 趣味がない
  • やりたいことが特にない

が多く当てはまると思います。

暇な時間をなくすためには趣味ややりたいことをみつけるのが効果的です。

youtubeを開きそうになったら一度踏みとどまって何か他にやることはないかと考えてみるといいですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回はYouTubeに依存しているかもしれない方に向けた記事を書きました。

現代では当たり前のように毎日どこかしらでYouTubeが見られています。

それ自体は悪くないのですがほどほどにしましょうというのを今回はお伝えできたかなと思います。

僕みたいにYouTubeに依存して人生を台無ししてほしくないのでこのような記事を書きました。

今この記事を読んでドキッとした方いましたら一度YouTubeについて考え直してみて下さい。

楽しいコンテンツではありますが、他にやることはたくさんあると思います。

YouTube依存にならないようにほどほどに楽しみましょう。

おわり

最新情報をチェックしよう!
広告