RX100M7をVLOGカメラにするために必要なものたちを紹介します

みなさんこんにちは。こうきです

RX100M7をうまく使いこなせていますか?

VLOG撮影のためにRX100M7を購入した人も多いかと思います。

そこで!

高機能で素晴らしいRX100M7ですが、別売のアクセサリーをつけることで

格段にカメラの機材レベルが上がります。

今回の記事では僕が買ってよかったと思うアクセサリーや備品を紹介します。

マンフロット ミニ三脚

マンフロットのミニ三脚は
土台がしっかりしていて一切ぐらつきがなく固定できます
また、長さの調整もできるので、高さも自由自在に設定することができます
全長も短く、荷物にならないのでRX100M7との相性はかなりですよ!

大容量SDカード

VLOGを撮り始めると、どうしても大容量のSDカードは必須になってきます。
安いSD カードもあるのですが、読み込みに時間がかかり
編集をスムーズに行えないなどのデメリットがあります
長期的な目で見るなら買って損はありませんので
最初からある程度値段は高いけど、高品質なものを使うようにするといいでしょう

RODE  video  mircro マイク

言わずと知れたRODEのvideo micro

VLOG撮影をするには最適なマイクでした

このモフモフ(ウインドジャマー)があるかないかで

屋外での撮影レベルがかなり変わります。

室内でしか撮影をするつもりがないという人は

こちらのサラモニックのマイクでも十分マイクの音声レベルは上がるので

撮影のシーンに応じて購入するようにしてください

Small Rig  RX100M7専用ケージ

RX100M7には、マイク取り付け部がないので

上記で紹介したRODEのマイクのようなマイク端子から距離のあるところにマイクをつける場合には

別のケージを装着し、マイクを取り付ける部分を作ってあげないといけません

そこでこのSmall Rigの専用ケージが非常に役に立ちます

四方のふちに1/4インチねじを取り付ける穴が無数に空いているので

どこにでもコールドシューを取り付けてあげることができます。

予備バッテリー

RX100M7はコンパクトデジカメなので、バッテリーが小さく

すぐにバッテリー切れを起こしてしまいます。

そんな時に便利なのがこの予備バッテリー

バッテリーを取り換えるだけですぐにまたカメラが使えるようになるので重宝しています。

ただ、sony公式から販売されているバッテリーは高いので

お金をあまりかけたくない方は

こちらのバッテリーでも大丈夫です。
僕はこちらのバッテリーを使っていますが
公式から販売されているものと同等バッテリーが持ちますよ

ZHIYUN Crane M2

これは三軸ジンバルと呼ばれるもので

凝った撮影をしない限りはあまり必要ありませんが

これを使うことでプロ並みの映像を撮ることができます

 

まとめ

これをすべてそろえなくてもカメラの性能が良すぎるので大丈夫ですが

あると便利だし、撮影のレベルもぐんと向上するので

一歩上の映像を撮りたい方にはぜひおすすめです!

 

最新情報をチェックしよう!