低温調理機『BONIQ』で鶏肉を料理したらサラダチキンの100倍うまかった

みなさんこんにちは。こうきです。

僕は趣味で筋トレをしていて、タンパク質を補給するために毎日鶏むね肉をたくさん食べるのですが

ぱさぱさしてるし味気ないしで、苦行のような食生活を行っておりました

ですがタイトルにもある低温調理機『BONIQ』を購入し、鶏肉を料理してみると

力を入れて噛まなくてもするんと口の中から消えていくじゃありませんか。

KoKi
これは人類の革命的な発明だ!

僕は人生で一番大きな衝撃を受けました(おおげさ)

コンビニに売っているサラダチキンの100倍うまく、今までは食べるのが嫌で仕方なかった鶏肉が食べるのが楽しみになってしまう逆転現象が起きました

鶏肉の他にも様々なたんぱく源(牛肉や魚)をこの『BONIQ』を使って調理してみたのですが

一流フレンチレストランで提供されるものと変わらないレベルの柔らかさで作ることができました!

これは全国の筋トレを愛するトレーニーやダイエッターさん、料理に凝っている世のママさんたちにぜひ伝えなければと思い

この記事を書くことにしました

さあ、レッツスクロール!

 

動画にもしたので、もしよかったら見ていってください

【低温調理】BONIQでサラダチキンの100倍うまい鶏ハムを作ってみた

低温調理機『BONIQ』の種類

『BONIQ』は現在

『BONIQ』と『BONIQ Pro』の二種類販売されています

BONIQ Proのリンクはなかったので、公式サイトを見てください
『BONIQ』カラーは白と黒の二色展開です
『BONIQ Pro』カラーはコスモブラック、ノーブルシルバーの二色展開です

低温調理機『BONIQ』のすごさ

低温調理という言葉は巷ではよく聞くと思いますが

イメージするのはきっと「かなり手間のかかるもの」じゃないでしょうか

そもそも時間がかかるし、鍋の温度を一定に保つために定期的に湯温をチェックしないといけないし

実際、かなり手間です。(その分料理はおいしくなるんですけどね)

そんな低温調理の手間を一切省き、シンプルに!楽に!低温調理を実現してくれるのがこの『BONIQ』様です

温度と時間を設定

真空状態にした食べ物(下処理は済ませておく)を鍋にポイ!

時間が来たらアラームが鳴る

取りだす

たったこれだけで一流レストランのお肉の完成なのです

いや、すごすぎるでしょ?

よく自宅で低温調理をする方であればこのすごさは文章を見ただけでわかると思います。

いろんなメーカーから低温調理機が出ている中で『BONIQ』がいい理由

低温調理機で検索すると、『BONIQ』より安く販売しているメーカーがあります。

それでも『BONIQ』にした理由。それは!

見た目がかっこいい!

です。これにつきます

他の低温調理機は僕個人的に形があまり好みじゃなく

安すぎるがゆえにすぐに壊れてしまわないか心配だったことと口コミなどを見ているとすぐ壊れたと書き込みがあったので

それらが相まって『BONIQ』にすることにしました。
(好きなYouTuberが使っていたのもある)

牛肉や魚、野菜、スイーツまで幅広く調理ができる

僕は牛肉魚、野菜しか『BONIQ』で作ったことがありませんが

お値打ち品の安いお肉を高級レストランで出てくるほどものに仕上げることができました。

作り方などはGoogle検索で

「(素材) BONIQ」で検索をすればたいてい出てきます。

もう、高級レストランで高いお金を払って食べるのはやめました。

外食よりも自炊のほうがおいしいから…

BONIQの悪いところ

『BONIQ』のいいところばかり話していては胡散臭いですよね。

実際にいいことづくめなのですが、一つだけ改善ほしい点がありました。

それは

サイズをもう少し小さくしてほしい

です

そう思いながら使っていた『BONIQ』ですが

『BONIQ Pro』になってから改良されましたね。

見事に軽量化されていました
(ほしい…)

他にも、完全防水になったりスマホから温度調整ができるようになったりと

更なる進化を遂げたようです

ですが、少しお高いので

僕は今のBONIQで、大満足しています。

壊れたらProの購入を検討しています

 

まとめ

今回は低温調理機『BONIQ』について記事を書きました。

自炊をよくする人、筋トレ愛好家、ダイエッターにはマストアイテムになること間違いなしです

体づくりに食生活は欠かせない要素になります。

ですが、低カロリー高たんぱくなものは基本的に味気ないものばかり…

このBONIQを使ってストレスのない食生活が送れるといいですね!

 

 

 

最新情報をチェックしよう!