伝説のロックバンド『YOSHIKI』の自伝が刺さりまくったので感想を書こうと思います

読書感想文なんて大っ嫌い。きっとみんなそうだと思う

それってなんでだと思う?他人にやらされるからだよ。

今回僕は初めて読書感想文を自分の意思で書こうと思う

そう。今回紹介する本は僕の人生を大きく変えてくれた大事な一冊だから。

これを他の人が読んでもなんとも思わない人のほうが多いと思う。

ほんの一部のXJAPANファンやちょっと興味を持ってくれた人にだけ刺さればそれでいい

伝説のロックバンドを生んだ『YOSHIKI』の生きざまを描いた本。

紹介していきます。

 

初めに:『YOSHIKI』とは

YOSHIKIは国民的ロックバンドXJAPANを作り、世界を股にかけて活躍するスーパースター

音楽家だけでなく、ワインを作ったり着物をデザインしたりクレジットカードまで作ったりと

成功をはるかに通り越した成功を収めている。

今の若い子はもしかしたら知らない子もいるかもしれない

そんな人は一回『YOSHIKI』って調べてみて。

すごい人だから。そして少しでも興味を持ってくれてらうれしい

前置きはこの辺にしておいて、本の内容について触れていこうと思う

『YOSHIKI』の半生

今から書いていくことは僕からみたYOSHIKIなのでファンの人は気分を害さないでほしい

YOSHIKIはどちらかというと裕福な家庭に生まれて、ほしいものはなんでも買ってもらえるいいとこ育ちのおぼっちゃまだと感じた

そこだけ切り取ってみるとうらやましい。そんなの成功して当たり前だろうと思うのも無理はない

でも読み進めていくうちに彼の人生は壮絶なものだと分かった。

父親を亡くす

不良時代を過ごした時期

音楽の芽が出なくて路上や車で寝泊まりをしていた日々

バンド仲間の死

バンドの解散

それは僕が決して体験することのない壮絶なものだった

そんな逆境を乗り越え、今輝いているYOSHIKIはいったい何者なんだ。

僕は本を読み進めていった

すると脳裏にやきつく文面があった

本の中にあった言葉「壊せない壁なんてない」

シンプルかつ破壊力抜群のこの言葉

「壊せない壁なんてない」

この言葉には衝撃を受けた。

僕の何千倍もつらい思いをしている人がこういうんだから

僕はなんてちっぽけなことで悩み、なんて行動力のないやつなんだと自分を卑下した。

ほんとにほんとに情けなく感じたのを今でも鮮明に覚えている

こんな人に少しでも近づきたい!この思いが僕の人生を大きく変えることになる

YOSHIKIの真似をするようになる

YOSHIKIは中学校の卒業アルバムの後ろのページに

ロックスターになる

と書いたらしい。

僕は音楽なんてリコーダーしか触ったことなかったのに

YOSHIKIと同じように

ロックスターになる

と卒業アルバムの後ろに書いた。

高校に進学するとYOSHIKIがドラムを務めていたこともあって

僕もドラムをやろうと軽音楽部に入部する

しかし3日でやめる。なんて情けないやつなんだ

ここで継続することの大切さ、継続することの難しさを痛感した。

そして社会人になり、軸が何もないままサラリーマンをふらふらと始めたのだが

心のどこかでまだ

YOSHIKIみたいになりたいという願望が消えていなかった

音楽の才はないしビジネスもうまくできる自信はない

でも、YOSHIKIの肉体美を真似することならできるんじゃないか

そう思った僕は筋トレを始めた。

筋トレにはセンスもなにもいらない。

ただつらいことを継続するだけだ

こんなことすらもできなければ、僕はYOSHIKIに笑われてしまうと思い

死に物狂いで毎日筋トレをした。

話が長くなるので割愛するが

その筋トレが功を奏し、仕事になったのである。

形は違えど、YOSHIKIと一緒の好きなことを仕事に。が叶ったのだ。

自分らしく生きようと決めた

YOSHIKIは周りがJPOPを聞いている中、一人洋楽ロックやクラシック音楽をきいていたらしい

そこから学べるのは

「他人に流されてはいけない」

これだった。

僕は周りに嫌われてもいい。自分の好きなことを自分の好きなようにやろう

とここで固く決心した

親には申し訳なかったが好き放題にしてきた人生を送ってきた。

といってもかわいいものではあるが。ここで語るにはチープすぎるからやめておこう

ただ、このマインドはいろんなことに生かされた

一冊の本から人生が変わることもある

この本を読んで思ったのは、人生は一冊の本から大きく変わることがある

ということだ。

皆さんにも憧れの人がいると思う

もしその人が本を出版しているなら一度読んでみてほしい

 

終わりに

長々とお話をしたが

これはあくまで読書感想文のつもりで書いたから怒らないでね。

でももし、このチープな読書感想文を読んでこの『YOSHIKI』について興味を持ってくれてなら

ぜひ、この本を読んでほしい

本を読むのは苦手という方は

ドキュメンタリー映画にもなっているので

気になったらチェックしてみてください

 

 

 

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!