【不思議なダイエット】1日3食から4食にするとスルスル体重が落ちていく仕組みを徹底解説。

(※2021/04/05に更新しました)

本記事では

ダイエット成功させたいなら1日3食の概念を取っ払って4食にしてみよう。

こんなテーマでお話をしていきます。

みなさんこんにちは。Koki@KoKiblog_)です。

僕は3年ほど、1日4食生活の食事生活をしていて、自分の理想の体型を維持しています。

さて、みなさんは今1日何食食べていますか?

日本の教育では『朝、昼、夜』でご飯を食べよう!と教えられてきてますよね。

そんな概念を打ち壊すのがこの『1日4食ダイエット』。

なんで食べる回数が増えるのに痩せていくの!?

そんな風に思うのも無理はありません。だって食べる回数が増えてるんだから。

そんな1日4食ダイエットですが、ボディメイクのプロやモデル、女優さんなど、1日4食ダイエットのメリットを知っている人の多くが取り入れており、ダイエットの効果は的面。

今回の記事では、1日4食ダイエットを正しく行い、成功させるための秘訣や注意点についてお話をしていきます。

この記事を最後まで読めば、今までのダイエットのストレスはなんだったんだと思うことができ、これからのダイエット生活が加速していくことでしょう。

さ、レッツスクローール!!!

1日4食ダイエットでなぜ痩せていくのか

まず前提として知っておきたいのが、ダイエット成功の鍵は『1日の総摂取カロリー<1日の消費カロリー』ということです。

ここを踏まえた上で、1日3食と4食でのカロリーの分け方を見ていきましょう。

1日の消費カロリーが1800kcalの場合

4食 (1800kcal÷4食=450kcal)
3食 (1800kcal÷3食=600kcal)

1日4食ダイエットは、カロリーコントロールをする中で一食あたりの量を少なめにし、空腹感に襲われにくくしていくための手法です。

1日3食だと、食事の間が長くついついお菓子などを食べてしまいがちですが、

1日4食に変えることで無駄な間食を防ぐことができると同時に、空腹感も感じにくくしようということです。

1日4食ダイエットのデメリット

1日4食ダイエットではこんなデメリットがあります。

一食に食べる量が少なくなるため、毎食での自制心が必要。

一食あたりのカロリーをしっかり把握しないとオーバーカロリーになる。

1食でドカ食いする癖がついている人には食べる量を少なくすることは試練なのかもしれません。

でも大丈夫です。

一般的な会社員の1日で考えてみると、朝6時に起床してご飯を食べたとしても、6〜7時、11〜12時、16時〜17時、21時〜22時くらいの時間感覚でご飯を食べていれば、

一回に食べられる量に制限があったとしても空腹感に襲われる回数は少なくなります。

そう考えると1日4食ダイエットは意外と簡単そうじゃないですか?

【スポンサーリンク】

1日4食ダイエットのメリット

メリットはこんな感じ。

空腹感に襲われずらい

血糖値が安定する

人間は、空腹感を感じている時間が長いほど、次の食事で入ってくる栄養を多く取り込もうとする性質があります。

これが太ることにつながるわけなんですよね〜。

お相撲さんが体を大きくしたい時に使う手法としても有名ですよね!

彼らはあえて1日2食にすることで空腹感を作り、体に少しでもたくさんの栄養を取り込もうとするわけですから。

どすこいっ‼︎

ですが、この記事の読者さんはダイエッターが多いと思うので、絶対に真似してはいけません。

1日4食に分けることで、空腹感を感じる時間を少なくして、一回にたくさんの栄養を取り込もうとするのを防ごう!というのが1日4食に分ける目的です。

1日4食ダイエットを行う際の注意点

さて、ここまで読み進めて1日4食ダイエットを始めようと思ったあなたに実際に行う際の注意点をお話ししますね。

気をつけて欲しいことはこれだけ。

自分が食べるもののカロリーをしっかり把握する

夜ご飯の糖質は少なめにする。

です。

自分が何を食べていて、その食材にどれだけのカロリーがあるのかを把握していないと1日4食ダイエットは成功しません。

今までカロリー計算をしたことがない人は億劫な作業かもしれませんがすぐに慣れますよ。

カロリーを詳しく表示してくれるサイトもあります。

食品の栄養素が一目でわかる・カロリー計算できるカロリーSlism

また、4食目はどうしても遅めの時間になってしまうので、糖質は極力減らすように心がけましょう。

【スポンサーリンク】

最大の効果を引き出すための食事タイミング

1日4食ダイエットで最大の効果を引き出すために食べるべきベストタイミングはこれです。

起床後(6〜7時)

昼食(11時〜12時)

夕食(16時〜17時)

夜食(20時〜21時)

きっちり守らないと意味がないわけではありませんが、これくらいの時間間隔で分けて食べるのがベストです。

この時間に食べることにより、空腹感を感じにくくさせることができます。

仕事の都合で難しい方がほとんどだと思いますが、頑張って実践してみてください。

まとめ:1日4食は楽して痩せる最強のダイエット法である

今回の記事を読んで、1日4食ダイエットがいかに効率的に楽して痩せられるかがわかったかと思います。

今まで受けてきた食事教育はなんだったんだと思うのも無理はありませんが、自分の持っている固定概念を取っ払ってみるのも新しい発見につながるものです。

ぜひ、試してみてください。

最新情報をチェックしよう!