スカイダイビング案外怖くなかったよ。体験した人しかわからないこの貴重な経験を語る。

(この記事は2021/05/01更新しました)

本記事では

  • スカイダイビング怖いけどやってみたいと思っている
  • スカイダイビングの感想を聞いてみたい
  • ビビリでもできるの?

こんな疑問に答えていきたいと思います。

みなさんこんにちは。Koki@KoKiblog_)です。

この記事を読んでいるってことは、スカイダイビングしてみたいなあって思ってるでしょ?

その気持ちね。ものすごくわかるよ。

僕もスカイダイビングやりたいって思ってた時めっちゃ調べたもん。

でね、他の人の体験談とかみてると『やりたいと思ったならやればいい』こんな言葉が多くあったんだよね。

だから思い切って飛んできた!3500mからフライアウェイしてきた!
(スカイダイビング関西さんで。)

結論から言うと、案外怖くなかったし、飛んでよかったって心の底から思えたよ!

だから今躊躇してるあなたに僕からのメッセージを送りたいと思います。

この記事を最後まで読めば、スカイダイビングに対しての迷いがなくなるから読みきってね!

あ、実際に行った時の様子を動画にもしてるから、こちらも合わせてみてね!

僕がスカイダイビングをしようと思った決め手

まずはじめに、僕がスカイダイビングをしようと思った決め手を聞いてほしい。

Netflixで映画を見てたら『最高の人生の見つけ方』って映画に出会ったんだよね。

自己啓発チックな話が好きでよく見るんだけど、この映画が僕の体に衝撃を走らせたんだ。

物語はざっくり話すと金持ち老人2人がやりたいことをひたすらやっていくって話なんだけど、

簡単にまとめると、やりたいと思ったことはやれ!死ぬ前に後悔するぞ!って感じかな。

これを見た時に、

koki
あ、飛ばなきゃ死ぬ前絶対に後悔する。

って思ったんだよね。だから絶対にやる。そう決めたんだ。

【スポンサーリンク】

実際に動き出すまでは時間がかかった

とはいえ、スカイダイビングなんて動画とか見てるとめちゃくちゃ怖そうだし、

万が一のことがあったらどうしようって不安からなかなか予約を取ったり行動に起こせなかったんだよね。

でも

koki
このままじゃいつもと何も変わらない‥

そんなふうに思ってさ。

でも1人でいくのは流石に勇気がいるどころの騒ぎじゃないから、まず一緒に行ってくれそうな友達に連絡をしていったよね。

スカイダイビングやってみたいって話をすると意外に賛同してくれる人がいてさ、「俺もやってみたい」みたいな。

一緒に飛んでくれる仲間が見つかったら、あとは日付決めてスカイダイビングを運営してる会社に連絡するだけだよね。

1人じゃきっと飛ぶことはできなかった。

だから身近に一緒に行ってくれる人がいるか探してみよう。

ま、僕は一緒に行ってくれるはずだった友達は車で事故って行けなくなって結局家族と行ったんだけどね。

実際に飛び終えた感想

よく言うじゃん?スカイダイビングで人生観が変わるとかなんとか

僕もそう思ってたし、

koki
これを成し遂げた際にはBIGな男になれるぜ!

なんて淡い期待を込めてたけど、

結論、さほど人生観は変わりませんでした!

これは仮説だけど、1人で飛べば人生観は変わるのかもしれない。

でも、僕らみたいなスカイダイビング初心者は、飛ぶとき自分の後ろにインストラクターがつくんだよね。

自分のタイミングで飛ぶわけじゃないし、パラシュートのタイミングとかも全部インストラクター任せ。

ってことは命を他人に預けてると同義なんだよね。

それって極論を言うと、車に乗ってるのと同じってことじゃん?

速度が異次元に速いシートベルトのない車だよ。hahaha.

否定してばっかでごめん。だからってやる意味ないかと聞かれると全然そんなことはない!

雲の上からその身を投げ出すことなんて人生でまずないことだし、そこから見える景色や空を飛んでいる感覚は非日常でとても有意義な時間。

恐怖に打ち勝つ力も養われます。

この怖さと戦うことこそが、スカイダイビングの醍醐味かな。

なんて思いましたね。

実際、とび終えた直後は、

koki
今の俺ならなんでもできるぜ!!

って気持ちになりましたから。

人生は経験の連続だと思っています。その経験値が濃く刻まれる材料になるのかなと思いました。

【スポンサーリンク】

スカイダイビング、料金やアクセス方法。

僕は兵庫県豊岡市にある『スカイダイビング関西』さんで飛んできたよ。

スカイダイビング関西公式サイト

詳細を記しておくね。

住所:兵庫県豊岡市岩井字河谷1598-35
(コウノトリ但馬空港内)
電話番号:0796-43-1002
営業時間:月〜日 9時〜17時。(天候による)
体験費用:一回50000円(撮影費込み)

最寄り駅はJR国府駅か、JR豊岡駅です。

但馬空港の近くには城崎温泉きのさきおんせんという風情ある温泉街があるので、そちらに立ち寄ってみてもいいかもしれません。
(僕は立ち寄りました。かなり気持ちよかったですよ)

撮影費込みというのは、インストラクターがゴープロで飛び降りる瞬間や、ヘリコプターに乗る際の様子なんかを撮影をしてくれます。

そのデータはフライトが終わったあと、すぐにスマホに送信してもらえますよ。

※スカイダイビング関西じゃなくても日本各地に飛べる場所はあるのでお住まいに合わせて最寄りのスカイダイビングセンターを調べてみてください。

注意点

スカイダイビングは天候に左右されやすいアクティビティです。

当日になって風が強かったらヘリコプターが飛ばない!なんてこともザラにあるみたい。

スカイダイビング関西で聞いた話によると、予約を取るなら朝のうちがいいとのこと。

朝なら、営業時間の夕方17時まで天候が回復するまで待つ時間が多いですが、昼以降になるにつれて、待てる時間が短くなるから。

余裕を持って予約するようにしましょう。

こんな人はスカイダイビングをするべき

上記の文章を読んで

うわーやってみてぇ〜

ってなった人、やりたいけど50000円は高いなあって躊躇してる人。

とにかく迷ってる人は全員するべきです!(雑すぎw)

どうしても踏ん切りがつかないなら一度、上でも話した最高の人生の見つけ方って映画を見るべき。

これをみたら決心がつきますよ。

まとめ:迷ったら飛べ!

今回の記事では、スカイダイビングやりたいけど迷っている人向けに記事を書きました。

僕はこの経験は一生の財産になると思っています。

死ぬ前に

koki
スカイダイビングやりたかったなあ

と思うことがないわけだから。

みなさんは明日死ぬとしたらやりたいことは何?

その中に意外とスカイダイビングってあるんじゃないかなって思うから、迷ったら即TELして予約してください。

50000円なんて意外とぽんって出ますから。少し飲みとか我慢するだけ。

それで貴重な経験が買えるなら迷わずいくべきでしょう。