もはや米。スティールカットオーツの魅力や食べ方。【ボブズレッドミル】

(この記事は2021/05/20更新しました)

本記事では

スティールカットオーツを食べた感想
についてお話をしていきます。

みなさんこんにちは。Koki@KoKiblog_)です。

オートミールを主食にすることはや3年。食べない日はないくらいオートミールラヴァーです!

海外のものが気軽に買えるサイト、iherbでスティールカットオーツを買ってみました。

その辺に売っているオートミールと比べると調理が面倒ということから買って放置していたのですが、

それもそれでもったいないと思い食べることにしました。

食べた感想。

koki

もっと早く食べるべきだった!プチプチしてて、米っぽくてうめぇ。

ひたすらに感動したのを今でも覚えています。

今回の記事では、そんなスティールカットオーツの作り方や栄養成分など、

スティールカットオーツについて詳しく知ってもらうための記事を書いていこうと思います。

調理も全然手間じゃなかったので、この記事を最後まで読めばスティールカットオーツデビュー間違いなしです。

さ、レッツスクローーール!!!

スティールカットオーツって何?

オートミールには大きく4つに分類されています。

ロールドオーツ
インスタントオーツ
スティールカットオーツ
スコティッシュオーツ

スティールカットオーツを検索してきてる人は、他のオートミールをそこそこ食べてきている人たちだと思うので、

この記事では他のオートミールについては説明はしません。

スティールカットオーツは、

粗オーツ麦、またはアイリッシュオーツミールとも呼ばれるスチールカットオーツは、2つまたは3つのピンヘッドサイズの断片に切り刻まれた全オーツ麦の割りです。次に、これらの部品を販売するか、さらに加工して、ひき割り穀物全体のフレークよりも小さいサイズのロールドオーツフレークを作ることができます。

ウィキペディア(英語)より一部引用

ウィキペディアさんに説明してもらおうと思ったけど、英文の直訳だったので僕がわかりやすく説明します。

脱穀したオーツ麦を砕いただけのもの。

そこら辺に売っているオートミールは脱穀したオーツ麦を平たくつぶし、蒸して乾燥させています。

それに対し、スティールカットオーツは何もしていない。加工が施されていないものという感じです。

koki
そう、生産者のサボり。というわけです。嘘です。

加工がされていない分、自分で調理をする際に一手間かかるというわけです。

スティールカットオーツの食べ方

調理をする際にひと手間かかると言いましたが、「加工済みのロールドオーツやインスタントオーツと比べると」

って話で実際にはそんなに手間じゃないです。

作り方はこんな感じ。

まず、1合分(150g)を炊飯器に入れます。

1合じゃ足りない人は2合、3合にしてもいいです。150g刻みで炊飯器に入れてください。

そして、米を炊く時と同じ容量で水を入れます。(炊飯器の水位に合わせて)

白米モードにして炊きます。

これだけ。

白米と違って洗米しなくてもいいので、ぶっちゃけ手間はほとんどないです。

ただ、レンチンだけで食べることができないのでそこらへんに売っているオートミールと比べると手間って話。

【スポンサーリンク】

食べた感想

出来上がりはこんな感じです。

もはや玄米そのもの。混ぜるとこんな感じ。

食べた感想は、うまぁぁぁい!!

ちょっとボソボソしてるけどプチプチしてて独特な食感。歯応え抜群です。

オートミールはGI値が低く、栄養価が高いことで有名です。

米を食べてるような感覚なのに太りにくいって神食品じゃないですか?

健康志向が高い人、ダイエットしてる人には特におすすめです。

スティールカットオーツはどこで買える?

スーパーなどではあまり見かけないスティールカットオーツ。

輸入食品店やKALDIなどに売っています。

\KALDIに売ってるのはこれ!!/

店員さんにスティールカットオーツを探しているといえば出してくれます。
日本ではまだまだ需要がないからか置いてあるお店も少ないので、ネットで買うのもありですね。

今回使ったボブズレッドミルのオートミールはiherbで買うことができます。

【スポンサーリンク】

まとめ:スティールカットオーツは神食品だった

今回の記事ではスティールカットオーツについてお話をしました。

今まで食べてきたオートミールとは一味も二味も違うスティールカットオーツは、家でのスタメン食材確定です。

普段オートミールを食べてる人には特に手に取ってもらいたい食材です。

その食感にびびると思います。

これがオートミールなの!?ってね。

ぜひ一度食べてみてください。

最新情報をチェックしよう!