残念だけど腹筋1万回やっても割れないよ。バキバキにしたいなら食事管理を最優先するべき。

イラスト
腹筋めっちゃ頑張ってるのになかなか割れないんだけどなんで‥
こんな疑問に答えていきます。
本記事の内容
  1. 体脂肪を落とさないと割れた腹筋は見えてこない
  2. 腹筋を割るためには食事管理が必須
  3. それでも腹筋運動が必要な理由

みなさんこんにちは。koki@KoKiblog_)です。

筋トレ歴5年半。6パックを維持しています。

結論から言うと、腹筋は毎日1万回やっても食事管理ができていなければ絶対に割れることはありません。
今までの努力はなんだったんだ。と残念がらないで。
僕は腹筋を毎日やりこめば自然に割れてくると信じて1年間を棒に振りましたから。
そんな僕が、この記事では腹筋を割りたいと思っている人に、腹筋を割るために必要なことを経験をもとに徹底的に解説していきます。
この記事を最後まで読むことで、バキバキに割れた腹筋に出会えるようになりますよ。

体脂肪を落とさないと割れた腹筋は見えてこない

割れた腹筋が見えない原因は、体脂肪にあります。

ジャニーズの方々をご覧ください。

abs

 

決して筋骨隆々ってわけではありませんが、腹筋は割れていますよね。

これは、体脂肪率が低いからです。

人間はもともと腹筋が割れているのですが、体脂肪の多さが腹筋が表面に出てこない唯一の原因。

ということは、腹筋運動をやりこむより先に体脂肪を落とすことを優先するべきなのです。

体脂肪を減らしたいなら食事管理を最優先すること

この記事を読んでいるあなたは、ジャニーズのような体になることを望んではいませんよね。

そこそこ筋肉があって引き締まった体を作りたい。こう考えているはずです。

なら腹筋をやりこむより先に、食事管理を優先しましょう。

「腹筋はキッチンで作られる」

かの有名なボディビルダー、アーノルドシュワルツェネッガーはこう言いました。

これを噛み砕くと、腹筋を割るためには腹筋運動を死ぬほどやりこむんじゃなくて食事を見直しなさいということです。

腹筋運動を頑張るのももちろん大切なこと。

では、日々の食事はどうですか?

これだけ筋トレ頑張ってるし、ご飯くらい好きなもの食べてもいいじゃん

と、スイーツやファストフードばかり食べていませんか?

これではいつまで経ってもバキバキに割れた腹筋になることはできません。

【スポンサーリンク】

どうやって食事管理すればいいの?

食事管理とは、食べるな!我慢しろ!

と言ってるわけじゃありません。

食べるものを選び、適切な栄養をとりつつ、基礎代謝よりも少し低めのカロリーで過ごそうね

ということです。

基礎代謝とは、人が生きていくために必要最低限なエネルギーのことで、

基礎代謝+1日の活動量で算出された消費カロリーを下回らない限り体脂肪が減っていくことはないんです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

ダイエットを確実に成功させるには『消費カロリー>摂取カロリー』以外ありえないです。

それでも腹筋運動が必要な理由

食事管理を最優先してね

とお話をしてきましたが、

腹筋運動を全くしないでいいかというと、そうではありません。

体脂肪が落ちた時に、薄っぺらい腹筋になってしまい、みぞのあるぼこぼこした腹筋が出てこないからです。

もともと人間の腹筋が割れているとはいえ、鍛えていないとかっこいい腹筋にはなりません。

優先順位は腹筋運動より食事管理ですが、適度に鍛えるようにしましょう。

【スポンサーリンク】

腹筋を鍛えるのに一番効果的なおすすめアイテム

自重運動でも十分腹筋は鍛えることができますが、負荷をあげたほうがより効率的に鍛えることができます。

ワンダーコアや6パッドなど、いろんな腹筋アイテムがある中で、個人的にダントツに腹筋がボコボコになったと感じたアイテムは

腹筋ローラーです。

筋肉界隈では1000円ちょっとで100万円以上の価値がある。

こう言われていますが、その意味がわかるくらい効果的なアイテムです。

最初はちゃんとこなすのが難しいかもしれません。

立ちコロなんか一回もできないし、膝コロでも伸び切ることができない。

でも、続けていくうちに少しずつできるようになっていって、気がつけば腹筋も一緒に成長していきます。

費用も安く、場所も取らないのでおすすめです。

まとめ:腹筋運動より食事管理を頑張ろう

今回の記事では
  1. 体脂肪を落とさないと割れた腹筋は見えてこない
  2. 腹筋を割るためには食事管理が必須
  3. それでも腹筋運動が必要な理由
をもとに、腹筋を割るための方法についてお話をしました。
僕も腹筋を割るために散々遠回りをしてきたので気持ちはよくわかります。
だからこそ効率的に自分のゴールにたどり着いてほしいと思ったため、この記事を書くことにしました。
頑張ってください!
abs-meal-management
最新情報をチェックしよう!